日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


岡崎今季リーグ戦初ゴール/ブンデス

フュルト戦の前半、先制ゴールを決めるシュツットガルトの岡崎(共同)
フュルト戦の前半、先制ゴールを決めるシュツットガルトの岡崎(共同)

<ブンデスリーガ:シュツットガルト1-0フュルト>◇1日◇フュルト

 シュツットガルトの日本代表FW岡崎慎司(26)が、今季リーグ戦初ゴールを決めた。

 岡崎はアウェーのフュルト戦に右MFとして2戦ぶりの出場。前半45分にFWイビセビッチのPKをGKがはじくと、こぼれ球を相手選手と競り合いながら頭で押し込んだ。シュツットガルトは後半にDFタスツィが退場となり10人で戦ったが、1-0で逃げ切った。日本代表DF酒井高徳(21)も右サイドバックとして12戦連続フル出場し、勝利に貢献した。

 [2012年12月2日6時17分]






日刊スポーツ購読申し込み