日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

今井7位、ネゲセV/東京マラソン詳細

<東京マラソン>◇22日◇東京都庁前-東京ビッグサイト(42・195キロ)

 約3万6000人が参加して行われ、エンデショー・ネゲセ(エチオピア)が2時間6分ちょうどで優勝した。

 箱根駅伝の山登りで活躍し、“元祖山の神”と呼ばれた今井正人(トヨタ自動車九州)が2時間7分39秒で日本人選手トップの7位に入った。

 過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件など国際テロ情勢が緊迫する中、約1万人が警備に当たる厳戒態勢が敷かれた。走りながら不審な動きに目を光らせる警視庁の「ランニングポリス」も初めて導入され、安全な運営に努めた。


【ゴール=2時間6分0秒】

 ネゲセ(エチオピア)が優勝した。今井が粘り、2時間7分39秒で日本人選手トップの7位に入った。今井は右手でガッツポーズ。両手を挙げてゴールした。

日本人選手トップの7位でゴールする今井(撮影・丹羽敏通)

【40キロ=通過タイム1時間59分21秒】

 先頭はネゲセ(エチオピア)、2位チュンバ(ケニア)。

 今井は7位に浮上。


【35キロ=通過タイム1時間44分44秒】

 先頭集団は7人。今井は10秒遅れの8位。


【30キロ=通過タイム1時間29分50秒】

 先頭集団は11人。今井、佐野が入っている。

 31キロすぎで今井、佐野が先頭集団から遅れ始めた。32キロで今井が粘って先頭集団後方につけた。先頭集団は8人。

 34キロで今井が先頭集団から遅れ始めた。


【25キロ=通過タイム1時間14分46秒】

 先頭は15人ほど。ケベデ(エチオピア)らが集団を引っ張っている。

 27・8キロで浅草雷門を通過。日本人選手は今井、佐野広明(Honda)が先頭集団で力走。佐藤は遅れ始めた。


【20キロ=通過タイム59分51秒】

 先頭は24人ほど。給水ポイントで藤原がやや遅れた。

 22キロで出岐が遅れた。


【15キロ=通過タイム44分49秒】

 先頭は30人あまりの集団。

 女子はディババ、ゲラナ(エチオピア)らが先頭。


【10キロ=通過タイム29分55秒】

 集先頭団は37人ほど。藤原新(ミキハウス)佐藤悠基(日清食品グループ)今井正人(トヨタ自動車九州)出岐雄大(中国電力)ら有力選手が入っている。松村康平(三菱重工長崎)はやや遅れている。

 15キロ手前で12年の優勝者、キピエゴ(ケニア)が立ち止まった。


【5キロ=通過タイム14分56秒】

 まずまずの通過タイム。集団は縦長になっている。

 女子は16分52秒で通過。

※記録は速報値


ランナーと一緒に走りながら警戒する「ランニングポリス」(共同)
東京マラソンで都庁前をスタートするランナー(共同)
東京マラソンで都庁前をスタートするランナー(共同)

【スタート】

 選手が一斉にスタートした。

 天候は曇りで気温5度、湿度76%、微風。

 1キロの入りは2分59秒の好ペース。

東京マラソンのスタートを前にコース沿道の警戒をする警視庁の警察官ら(共同)

 [2015年2月22日15時23分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞