日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

村山紘太、区間2位も「話になりません」

<陸上:青木半治杯2014国際千葉駅伝>◇24日◇千葉県総合スポーツセンター陸上競技場発着◇6区間(男女各3区間)42・195キロ◇天候=曇り、気温15・3度、湿度68%、北東の風1・1メートル(午後1時7分スタート時)

 日本が2時間5分53秒で、5年ぶりの優勝を果たした。男女混合となった07年以降では07年、09年に続く3度目の優勝となった。

 3区(10キロ)で出走した村山ツインズの弟、村山紘太(城西大4年)は、先頭のロシアと7秒差の2位でタスキを受けた。前日には「明日は箱根駅伝に向けて試したいことがあります。今は言えません。テレビで見れば、その走りで分かります」と話していた。それがスタートからの突っ込んだ走りであることは一目瞭然。何と入りの1キロは2分30秒だった。ロシアをとらえ、駆け引き勝負に出たが相手は様子見。そのうちに「揺さぶりをかけて振り落とそうと思ったのに、それ(押し引き)がカウンターパンチになってダメージになってしまった」と失速。28分39秒の区間2位に「28分の1ケタでないと箱根(の1、2区で)の日本人最高は取れないのに…。話になりません」と肩を落としていた。

 [2014年11月24日19時5分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞