日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

日本勢完敗!入賞者ゼロ/マラソン

<福岡国際マラソン>◇6日◇福岡・平和台陸上競技場発着点

 日本勢が入賞の8位以内にも入れなかった。一般参加の下森直(31=安川電機)が2時間14分42秒で9位に入ったのが最高で、唯一の日本人招待選手の佐藤智之(28=旭化成)は両足けいれんで31位に終わった。北京五輪銅メダルのツェガエ・ケベデ(22=エチオピア)が国内レース初の2時間5分台となる2時間5分18秒で2連覇を果たした。

 海外勢との力の差は歴然としていた。7キロ過ぎに先頭が1キロ3分を切るペースになると日本人選手は、先頭集団から姿を消した。日本人選手が1人も8位以内に入れなかったのは第63回で初めて。日本陸連長距離・ロード特別対策委員会の木内敏夫委員長代行は「現実を突きつけられました」と苦い表情を浮かべた。

 今年、2時間10分を切った日本人は佐藤敦之(中国電力)だけ。日本は高速化する世界のマラソンについていけていない。同委員会の坂口泰男子マラソン部長は「いつかはこんな時代が来ると思っていた」。駅伝重視の風潮や、若い選手がマラソンを避けるなど要因はいくつかある。木内氏は「競技日程の見直しもひとつの方法かも」と言うが特効薬はなし。世界との差は開く一方だ。【前田泰子】

 [2009年12月7日9時37分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

マラソン





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  初マラソンのモグスは棄権/マラソン - スポーツニュース
  2. 2  早大逆転勝ちで2年ぶりV/ラグビー - ラグビーニュース
  3. 3  エスポ連勝ストップ/Fリーグ - スポーツニュース
  4. 4  浦和契約延長せず闘莉王に「0円提示」へ - サッカーニュース
  5. 5  熊本巡業で白鵬15番、朝青は風邪で休み - 大相撲ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです