広島は3回まで毎回先頭打者が出塁するも無得点。阪神は1回1死一、三塁を生かせず、3回も1死一、二塁で得点できなかった。

中盤も両軍無得点。阪神岩田は4回から6回まで無安打に広島打線を抑えた。広島大瀬良も4回から得点圏に走者を許さなかった。

広島は9回、バティスタが5号2ラン。会沢も2点適時二塁打で続き、突き放した。阪神の連勝は4でストップ。