遠縁関係の「西西コンビ」がニアミスした。西勇輝投手が新人合同自主トレが行われている鳴尾浜を今年初めて訪れ、約90メートルの遠投などで調整。

右翼付近にいたドラフト1位西純矢投手(18=創志学園)は、左翼付近の西勇の動きにくぎ付けだった。西勇によると対面は「してないです」とのことだが、西純は「コントロールの良さがさすがだなと思いました」と電撃登場に感激した。新人の3000メートル走では最下位も「これから速くなれれば。伸びしろだと思います」と前向きだった。