阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手のホームラン特集。


プロ1号=130m

<ヤクルト5-9阪神◇3月27日◇神宮

1回2死三塁、ヤクルト田口のスライダーをバックスクリーン最上段へ2ラン。開幕2戦目でこれがプロ初安打。阪神の開幕2戦目での新人本塁打は最速タイで、ドラフト制後では最速。12球団ルーキー一番乗り

「打った瞬間にいったと思いました。最高に気持ちよかった。これでプロとしての1歩目を踏み出すことができた」

▼ルーキー佐藤輝がプロ初アーチ。開幕カードで本塁打を打った新人は16年戸柱(DeNA)以来でドラフト制後15人目。阪神ではドラフト制以前を含めて56年大津、69年田淵、01年沖原に次いで4人目。田淵と沖原はチーム3試合目で、チーム2試合目に1号は56年大津に並ぶ球団新人最速1号だ。新人で29本打って本塁打王に輝いた58年長嶋(巨人)の1号はチーム6試合目の4月10日大洋戦で、新人記録の31本塁打した59年桑田(大洋)と86年清原(西武)の1号はともにチーム2試合目。長嶋より早く、桑田、清原と同じチーム2試合目に1号を放った佐藤輝は何本打つか

プロ1号を放った佐藤輝明
プロ1号を放った佐藤輝明

2号=110m

<広島3-6阪神>◇4月1日◇マツダスタジアム

6回2死走者なし、中村祐の真ん中チェンジアップを右翼席へ弾丸ライナーでたたき込んだ

「抜けてきたチェンジアップをしっかり仕留めることができた。思い切って振った結果、1本出てよかった」

▼ルーキー佐藤輝が6回に2号ソロ。佐藤輝は開幕カードのヤクルト戦(神宮)でプロ1号。阪神の打者が開幕から2カード連続本塁打は17年糸井以来。ドラフト制後に入団した新人は89年中島(日本ハム)以来2人目でセ・リーグの新人では初めてとなった。中島は本拠地の開幕カード、敵地の2カード目で1本ずつ打ったが、佐藤輝は2本とも敵地で記録した

4月1日の広島対阪神 6回表、右越え本塁打を放ち、ナインの迎えに笑顔を見せる佐藤輝明(撮影・岩下翔太)
4月1日の広島対阪神 6回表、右越え本塁打を放ち、ナインの迎えに笑顔を見せる佐藤輝明(撮影・岩下翔太)

3号=140m場外弾

<DeNA2-9阪神>◇4月9日◇横浜

6回無死走者なし、国吉のカットボールを捉え右中間へ場外弾

「十分でしたね。十分だったので、ちょっとバットを投げちゃいました。場外という意味では初めてかもしれないです。すごい良い当たりで良い感触だったんで、しっかり当たればあそこまで飛ぶなというのは分かりました」

4月9日のDeNA対阪神 6回表阪神無死、佐藤輝は右越え場外本塁打を放つ(撮影・野上伸悟)
4月9日のDeNA対阪神 6回表阪神無死、佐藤輝は右越え場外本塁打を放つ(撮影・野上伸悟)

4号=125m

<阪神6-0広島>◇4月14日◇甲子園

4回無死一塁、森下の113キロカーブを右中間へ。本拠地初本塁打。打球速度168キロ、角度は26度

「たくさんのファンの前で打てたのでよかったです。(カーブは)狙ってなかったんですけど、甘いところにきたので良い反応ができました」

▼佐藤輝が4号。阪神の新人が4月までに4本塁打は、19年近本光司4本に次ぎ2リーグ分立後2人目

4月14日の阪神対広島 4回裏阪神無死一塁、佐藤輝は森下から甲子園1号となる右越え2点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)
4月14日の阪神対広島 4回裏阪神無死一塁、佐藤輝は森下から甲子園1号となる右越え2点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

5号=131m

<阪神4-0広島>◇4月15日◇甲子園

4回無死一塁、左腕床田の140キロ直球をバックスクリーンへ。初の2試合連発。DAZNから「バックスクリーン賞」100万円をゲット

「若干詰まってはいましたけど行くだろうなと。左ピッチャーからしっかり基本に忠実にセンター返しができた。やっぱりホームで必死に打ったら盛り上がる。ホームで打つのが一番うれしいですね」

▼佐藤輝が2試合連続の5号。阪神の新人で2戦連発は16年高山以来になる。DeNAのルーキー牧が14日に5号を打っているが、2人ともチーム17試合目で記録。セ・リーグ新人のスピード5号を出すと、<1>03年村田(横浜)チーム11試合<2>59年桑田(大洋)同13試合<3>59年江藤(中日)同16試合<4>牧、佐藤輝同17試合。58年長嶋(巨人)の27試合や69年田淵(阪神)の21試合より早く、セ・リーグの新人では4番目のスピード

4月15日の阪神対広島 4回裏阪神無死一塁、佐藤輝は中越え2点本塁打を放つ(撮影・前田充)
4月15日の阪神対広島 4回裏阪神無死一塁、佐藤輝は中越え2点本塁打を放つ(撮影・前田充)

6号=139m

<阪神7-5DeNA>◇4月25日◇甲子園

2回無死一塁、右腕阪口の高めに浮いた変化球を右中間へ先制2ラン。8試合ぶりの一発は打球速度175キロ、角度23度、飛距離139メートル

「打った感触はよかったですし、今日は風と仲良くなれました。早い回で先制点を取ることができてよかったです」

阪神対DeNA6回戦 2回裏阪神無死一塁、佐藤輝明は右越え2点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)=2021年4月25日、甲子園球場
阪神対DeNA6回戦 2回裏阪神無死一塁、佐藤輝明は右越え2点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)=2021年4月25日、甲子園球場

7号=125m

<中日2-1阪神>◇4月27日◇バンテリンドーム

2回無死走者無し、大野雄大の135キロのツーシームを右越えへ先制ソロ

「少し甘く入ってきたところを一発で仕留めることができました。良い投手が相手なので、先制点を取ることができて良かったです」

▼新人が4月までに打った本塁打は50年戸倉(毎日)の9本が最多で、7本以上は5人目となり、ドラフト制後では03年村田(横浜)に並んだ。ただし、50年代後半から90年代の開幕は4月1週目か2週目が多く、4月までの消化試合数が現在より少ない。チーム試合数で比較すると、佐藤輝の26試合目で7号は69年田淵(阪神=5月20日)らに並ぶ6位タイのペースだ。また、4月だけでは6本目。新人の月間6本以上は16年9月吉田正(オリックス=6本)以来で、阪神では48年10月別当6本、69年10月田淵7本、72年5月望月6本に次いで4人目。

27日、中日対阪神  2回表阪神2死、佐藤輝は右越え本塁打を放つ
27日、中日対阪神  2回表阪神2死、佐藤輝は右越え本塁打を放つ

8号=126m

<阪神7-3広島>◇5月2日◇甲子園

初めて「4番三塁」でスタメン出場。1-3の5回無死満塁。野村の低め変化球を弾丸ライナーで右翼席中段へプロ初の満塁ホームラン。打球速度172キロ、打球角度25度

「打ったのはチェンジアップ。前の打席で打ち取られた後に、ジェリー(サンズ)がアドバイスをしてくれて、そのアドバイスを生かして前で拾うことができました。満塁の良い場面で打つことができて良かったです」

▼佐藤輝が逆転満塁本塁打。新人の満塁本塁打は16年8月25日高山(阪神)以来プロ野球56人、57本目。阪神では36年伊賀上、12年伊藤隼、16年高山に次いで4人目。この日は初の先発4番。新人4番打者の満塁本塁打は1リーグ時代の46年6月2日大下弘(セネタース=逆転)49年11月8日大岡虎雄(大映)と2リーグ分立初年度の50年6月26日南村不可止(西日本)に次いで71年ぶり4人目。過去3人は満塁弾を打つ前に4番を経験しており、4番初試合で満塁弾の新人はプロ野球史上初めてだ。

▼阪神の新人で先発4番は17年に12試合の大山以来6人目。大山は4番2試合目で本塁打を打ったが、4番初試合で本塁打は球団史上初。他球団を見ても、4番初試合で1発を放った新人は86年10月7日清原(西武)以来だった。ちなみに、長嶋(巨人)は1年目の58年に「4番三塁」で46試合出場したが、佐藤輝と同じく初めて4番を打った8月6日広島戦でVアーチ(先制2ラン)を放った。

▼阪神で「4番三塁」は前記大山らがいるが、左打者では02~03年の片岡篤史以来。ほかに両打ちの松永浩美(93年)、外国人選手では91~94年に活躍したオマリーの例があるが、生え抜きの「4番三塁の左打者」は77~88年に800試合で4番を務めた掛布雅之以来33年ぶりだ。

阪神対広島 5回裏阪神無死満塁、佐藤輝は右越え満塁本塁打を放つ(撮影・上山淳一)
阪神対広島 5回裏阪神無死満塁、佐藤輝は右越え満塁本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

9号=115m

<ヤクルト5-11阪神>◇5月4日◇神宮

再び「6番右翼」でスタメン出場。10-5の9回1死走者なし。杉山の外角フォークを左へ流し左翼席へ2試合連発弾

「打った瞬間は分からなかったですけど、入って追加点になったのでよかった」

▼佐藤輝が今季3度目の2試合連発で早くも9号。新人がチーム31試合目に9号は59年桑田武(大洋)23試合、49年大岡虎雄(大映)と03年村田修一(横浜)26試合、50年戸倉勝城(毎日)30試合に次いで5位のスピードだ。

▼阪神の左打ち新人の9本塁打は、19年近本光司と並び史上最多。2桁本塁打に到達すれば、新人左打者では球団新人初となる。右打者も含めると、80年岡田彰布18本以来41年ぶり。なお最多は69年田淵幸一の22本。

▼プロ野球新人左打者の2桁本塁打は過去18人。直近は16年吉田正尚(オリックス)10本塁打。なお最多は46年大下弘(セネタース)20本。

9回表阪神1死、杉山晃基から左越え本塁打を放つ佐藤輝(撮影・野上伸悟)
9回表阪神1死、杉山晃基から左越え本塁打を放つ佐藤輝(撮影・野上伸悟)