日本ハム万波中正外野手(22)がプロ初犠打を決めた。

2回無死一塁で、セーフティーバントをきっちり捕手前に転がした。新庄監督は「練習させたんですよ。本人が一番喜んでいた。快感だったんじゃないですか?」とニンマリ。3回2死一、二塁の追加点機では、今度は「打て」のサインに左翼線への適時二塁打で応えた。万波は「意気に感じていきました」と、興奮気味だった。

【関連記事】日本ハムニュース一覧