日本ハム入りが決まった“台湾の至宝”U18台湾代表のエース孫易磊(スン・イーレイ)投手(18=中国文化大)が16日、台湾・台北市内のホテルで入団会見に臨んだ。

育成で4年契約。背番号は196に決まった。年俸などは後日、球団から発表される。

会見には稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM)が同席した。野手から本格的に投手に転向して2年ほどだが、最速156キロを誇る右腕。稲葉GMは「今年の春から非常に力をつけてきたと報告を受けていた。ストレートもすごいし、度胸であったり姿が本当に素晴らしい」と絶賛し「本人は二刀流希望でしたけど、まずはピッチャーとして育てていきたい」と、話した。

海外のアマチュア選手との契約は球団史上初めてで「歴史的な出来事で歴史的1ページにふさわしい投手。大切にしっかりと育てて、将来的に世界で戦える投手になることを期待しています」と期待を寄せた。

投球映像を確認した新庄剛志監督(51)は、9月に「素晴らしいっすよね。一目ぼれするぐらいのボールを投げてたんで。期待したいですね」と獲得を楽しみにしていた。

【関連記事】日本ハムニュース一覧はこちら―>