オリックスの新入団会見が30日、大阪市内のホテルで行われ、ドラフト1位の横山聖哉内野手(18)は、あこがれのレッドソックス吉田正尚外野手(30)が付けていた背番号34を背負うことに決まった。

走攻守の3拍子がそろった高校生No.1遊撃手。オリックスの「34」のユニホームに袖を通し「すごくびっくりしたんですけど、期待されているのも伝わってきますし、期待に応えられるようにプレーで返していきたい」と決意を新たにした。

仮契約時には、吉田のサイン入りバットも贈られ、自宅に大切に飾っている。今は吉田があこがれの存在だが、いつかは自身があこがれられる存在に。「ゆくゆくは目標とされる選手になりたい。自分の像を作っていきたい」。将来性抜群の逸材は、頼もしく話した。