オリックスの新入団会見が30日、大阪市内のホテルで行われ、出席した中嶋聡監督(54)が新人12人にエールを送った。

会見に先立ってあいさつを行った指揮官は「新人選手の12名の皆さん、入団おめでとうございます」と祝福。続けて「毎年ですけど素晴らしい選手がたくさんいてくれて、監督としてこんなに楽なことはない。うちのスカウトは有能で素晴らしい」と選手を追ってきたスカウト陣を労った。

緊張の面持ちの選手たちをほぐすように、リーグ4連覇を目指すチームでのレギュラー争いにエールを送った。「3連覇してるレギュラー陣、本当に高い壁だと思っていますけど、その壁を越えてくれる選手だと思っています。緊張してると思いますけど、そんなに高くない壁もいますので、気楽に僕たちに任せてください」。中嶋監督らしい言い回しに、会見場では笑いも起こった。

「新人の時の気持ちを思い出せとか忘れるなとか言いますけど、忘れるものです。でも、感謝の気持ちだけは忘れないでください。人として大きく育ってほしいと思います」。プロ野球選手である前に、1人の人間として成長することを願った。

【関連記事】オリックスニュース一覧>>