必殺技名、募集します!ゴールデン・グラブ賞を初受賞した日本ハム万波中正外野手(23)が、都内で表彰式に出席。外野からの直接送球で今季リーグ最多タイの5補殺を記録し、「恋い焦がれていましたよ~」という記念品の黄金グラブを手にした。

球界トップクラスの“爆肩”を生かした送球には、そろそろ名称が欲しいところ。「漢字希望かも。必殺技感、あるじゃないですか。長ったらしくなくて、ビシッとしたやつ」と、大募集中だ。漫画でお気に入りの必殺技名は「ワンピース」のゾロが使う奥義「三千世界」で「『テニスの王子様』の技も、ネーミングセンス的に好き。そんな感じでお願いします」とアピールした。

ベストナインと、うれしいダブル受賞となった。今季途中から「補殺を積み上げる難易度は上がった」と、相手の警戒が強くなったことを実感する。「正確な送球ができる距離が、1歩でも2歩でも伸ばせれば」。まだまだ進化中。過去に同賞を10度獲得した新庄監督を上回る、11度獲得が目標だ。「(新庄監督を)超えたい。それくらい第一線で現役を続けたい」。打つだけじゃない。必中必殺の肩で、球界を代表する外野手になる。【中島宙恵】

【関連記事】日本ハムニュース一覧>>