西武隅田知一郎投手(24)が2日、埼玉・所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、倍増となる来季年俸4000万円(金額は推定)でサインした。

球団からの期待は高く、チームメートからの信頼も高い。新たに選手会長に就任した外崎修汰内野手(30)からは会計担当に指名された。

「お願いしていい?」

「僕でいいんですか?」 隅田は入団1年目の入寮時、長崎の実家に財布を忘れて上京した。

羽田空港で担当スカウトに1万円を借り、電車を乗り継いで所沢までやって来た“借金スタート”の経緯があり、当然、そんなエピソードは外崎ほかチームメートも皆知るところ。

「財布忘れてるんで…選手会のお金はしっかり管理します」

かみしめながらの所信表明だった。【金子真仁】