俳優葉山奨之(26)女優伊原六花(23)が、ディズニープラス「スター」で配信されるオリジナルドラマ「シコふんじゃった!」(今秋配信予定)にダブル主演することが30日、分かった。まわしを締め、土俵上でりりしい表情を見せる2人の劇中カットも初公開された。

廃部の危機が迫る教立大学相撲部を舞台にした青春ストーリー。本木雅弘が主演し、大学生相撲部員の奮闘を描いた92年公開の同名映画の30年後が舞台となる。映画版で監督を務めた周防正行氏が、本作の総監督を務める。

葉山は、卒業を条件に相撲部に入部することになる森山亮太を演じる。小学校の頃から続けていた野球をケガで断念して以来適当な大学生活を送っていたが、単位不足で卒業資格を失いかけていたところに、教授からの交換条件として入部の話が舞い込むことになる。そして伊原は、相撲部たった1人の部員・大庭穂香を演じる。一見普通の女子大生だが、相撲以外は取りえがなく“人生オンチ”という役どころだ。

快晴の中、クランクインを迎え、葉山は「より一層今日からやるぞ!と気持ちまでも熱くなりました」と意気込む。撮影に備え相撲の稽古にも打ち込み、「体力的にもかなり濃厚な撮影になりますが、たくさんの方に支えてもらっています」と感謝を交えて話す。

伊原は「葉山君と何カ月も相撲稽古をやってきたので、それをしっかりと届けられたらと思っています」と気合。登美丘高校ダンス部出身で、運動神経は折り紙付きだが「相撲の稽古を始めて、所作、技の多さ、体が小さくても勝つテクニックなどを教えてもらって、相撲の奥深さを感じました」と新たな発見もあった様子。「女子相撲の魅力や相撲のすばらしさを伝えられる作品に出来れば」と話している。

桝井省志プロデューサーは、2人のキャスティングについて「映画(版の主人公)とは違う個性を持ち、チャーミングな葉山くん、人懐っこさと男らしさが共存する不思議な魅力の持ち主です」。伊原についても「抜群の運動センスと明るさの中に秘めた芯の強さを持つ伊原六花さん、シコを踏む姿は、この役のために生まれてきたのかと息をのむほど美しいです」と太鼓判を押している。