諸葛孔明が渋谷に降臨!? 向井理(41)が22日、東京・SHIBUYA109の1階屋外スペースで行われた27日開始のフジテレビ系連続ドラマ「パリピ孔明」(水曜午後10時、初回15分拡大)の「渋谷降臨イベント」に“降臨”した。重厚な役衣装をまとった向井は「渋谷の真ん中でゲリラ的にイベントができるのは感無量です」とあいさつした。

同作はすでに撮影は終了しているという。ドラマの見どころについて、向井は「いっぱいありすぎて。衣装とかだったり、細かいところを作り込んでいる。飽きることなく見ていただける」と胸を張った。

向井は大学卒業後、俳優になる前はバーテンダーをやっていた。共演者でヒロイン役の上白石萌歌(23)からはそのバーテンダーの腕前を絶賛された。「向井さん演じる孔明の再現度の高さ。向井さんにしか務まらない。第1話のバーテンダーのシーンがあるんですけど、手さばきが見えなかった」と舌をまいた。

撮影時の苦労として、向井は「衣装ですね。常にこれでした。99%この衣装。暑いんですよ。存在感を出すにあたってボリュームを出したり。着続けてよくやったなと」と語った。対策は「氷をわきの下に入れたり」したという。

作中で向井はラップも披露するという。「中身は骨太で、騒げるとことは騒いで。いろんなジャンルの音楽が登場する。エンターテインメントに振り切った作品。ぜひ楽しんでください」と締めくくった。

イベントには関口メンディー(32)も参加した。

本作は、中国三国時代の天才軍師・諸葛孔明(しょかつ・こうめい/向井)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す1人のアマチュアシンガー・月見英子(つきみ・えいこ/上白石)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリー。渋谷は本作の聖地。