成田凌(29)が主演、小芝風花(26)がヒロイン役を務めるカンテレ制作フジテレビ系連続ドラマ「転職の魔王様」(月曜午後10時)の最終話が25日に放送される。このほど、成田と小芝がクランクアップを迎えた。

成田は「お疲れさまでした。まずは、この暑い中…、汗でドロドロになりながら、真っ黒になりながら、嵐を、千晴を、みんなをかっこよく映してくれたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました」と切り出した。

そして「あっという間でした。ゲストのみなさんや『シェパードキャリア』のみんなが、もれなく『楽しかった~』って、いいながらクランクアップしていくのを見ていて、幸せを感じていました。僕も、楽しかったなあ~っていう一言です。そんな素晴らしい現場を作ってくださったみなさんに、本当に感謝しています」と続けた。

さらに「なにより、このドラマを見て、人生変わったとか、人生変えたいって思ってくださる方がめちゃくちゃいると思うんで…なんか泣きそう(笑い)。そんな意義のあるドラマに参加できて本当に幸せでした。ありがとうございました!」としめくくった。

     ◇     ◇     ◇

最終回最大の注目ポイントは、来栖と千晴の2人の行く末。魔王とその弟子から、いつしか互いに信頼できる仕事のパートナーへと変化していった2人の関係が、最後にどんな結末を迎えるのか。

そして、これまでさまざまな求職者をより良い方向へと導いてきた毒舌敏腕キャリアアドバイザーの来栖が、最終回では導かれる立場となるところも見どころだ。かつての同僚・児玉(小関裕太)から、もう1度一緒に夢を追わないかと転職を打診され、今の仕事に誇りを持ちながらも、来栖は1度あきらめた夢を再び追いかけられるチャンスに心が揺れる。転職のプロで“魔王様”の異名を持つ来栖でも、自分がいざその立場になると、人生の大きな決断を前に自身の本音を見失ってしまう。

最終回では、そんな来栖を“弟子”として一番近くで見てきた千晴が立ち上がり、面談を決行。「同僚として、来栖さんには笑顔でいてほしいと思っています」。キャリアアドバイザーとして成長した千晴の“最終試験”ともいえる面談の結果に注目が集まる。

▼成田凌コメント

-最終回を前に

「まずは、無事着地してよかったです。いろいろ序盤に広げたものをちゃんとたたんで、無事終わることができたかなと思います。キャリアアドバイザーとして、たくさんの人を救ってきましたが、結局自分のことになると、よくわからなくなる。救い救われ、仲間に助けられ、来栖も決して強い人間ではなかった。すごく人間らしい、まっすぐな人なんだなということが、11話通して伝わっていればいいなと思います」

-共演の小芝について

「一番最初の取材を受けたとき、『小芝さんの印象はいかがですか?』という問いに、『彼女が、ただ現場で元気で、笑顔でそこにいてくれるだけで十分です。みんながそれだけで頑張れると思います』と話しましたが、その通りでしたね。小芝さんがいてくれるだけで、本当に十分でしたね。健康に最後まで、ご一緒できてよかったです」

-最終話の見どころ

「最終話は、とうとう来栖が、転職するかもしれません。自分がこれまで求職者に伝えてきた言葉が、そのまま返ってきます。面談する側から、面談してもらう側になります。来栖が、ふと周りをみると、本当にいい仲間がいるということに気づいたり…来栖が一皮むける最終話になっています。もし、12話があったとしたら、来栖は、すごく優しいと思います(笑い)」

同局系初主演の成田が演じる“最恐毒舌”キャリアアドバイザー来栖嵐(くるす・あらし)は、左足が不自由でつえを突いている。求職者の心をへし折るような毒舌を放つため「転職の魔王様」という異名を持つ。仕事や生き方への悩みを痛烈な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる“転職”爽快エンターテインメント。小芝はヒロイン役の未谷千晴(ひつじたに・ちはる)を演じる。成田と小芝とは初共演となる。原作は額賀澪氏の同名小説。