2021年に大腸がんの手術を受け闘病中のタレントでミュージシャンの桑野信義(66)が29日までに自身のブログを更新。副作用に耐えかねて抗がん剤治療を中止したことを報告した。

桑野は、経口薬「カペシタビン(ゼローダ)」と点滴薬「オキサリプラチン(エルプラット)」の2剤を併用する「XELOX療法」と呼ばれる抗がん剤治療を受けていたが、朝晩の1日2回服用していたという経口薬については「最初は良かったが途中から 薬の匂い?味?で吐き気がしてた」と、苦手だったことを吐露した。

その後、別の薬も加わり、「副作用は少ないとの説明だったが Xerox療法がキツくて少ないも何もわかんないよ あは!」とユーモアも交えつつ悲鳴をあげ、「Xerox療法8クールの抗がん剤治療5回目でGIVE UP 副作用に耐えられなかった あのまま続けていたらと思うと…」と、副作用に耐えられず抗がん剤治療を中止したことを明かした。

「今はひたすら免疫力を上げ正常な体を取り戻すため焦らず!慌てず!諦めず!そんな毎日を送ってまする頑張りません!勝つまでは!」と、ちゃめっ気たっぷりに意気込みをつづるとともに、「今まさに闘っている皆さん辛く苦しい状況を全て受け入れ良い意味で開き直りましょう 頑張ったって痛さ辛さは消えません だけど絶対に諦めないこと必ず笑って話せる時が来るから」とメッセージを送った。

桑野は2020年、ステージ3~4の大腸がんを宣告され、2021年に14時間におよぶ手術を受けた。