「令和の愛人」と呼ばれるグラビアアイドル真島なおみ(25)が3日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。超ミニ姿の美バスト披露ショットを公開し、大きな反響が起きている。

真島は170センチ、9頭身ボディーを持ち、2日に都内で初写真集「Swamped」の発売イベントを開いた。Xには同イベントについて「たくさんの方が会いに来てくださって本当に本当にうれしかったです なかなかないソロでのイベントだったので、みなさん1人1人の顔をみてお話ししたり、サインしたり、手相占いさせて頂いたり!とっても盛りだくさんで幸せな時間でした みんなも幸せな時間だったなぁって思っていただけていたら嬉しいです」と感謝の思いなどをつづった。

そして会場で撮った、写真集を左手に持ち、座ってポーズをとっている写真もアップ。丈の短いミニスカからはきれいなラインを描く足が太ももまで大胆にあらわになっており、胸部分は美しく盛り上がったバストの”ナマ内側”が際立っている。

そして「改めて念願の紙の私のファースト写真集#すわんぷと をどうぞ宜しくお願いします 沢山愛して、真島沼にハマっていただけますように いっぱいみてね」と写真集タイトルの意味「沼にはまっている」にかけて呼びかけた。

この投稿に「ステキなイベントでした!かなり前から真島沼にハマってるけど、これからはどっぷりハマります」「素晴らしい!可愛くて美しいです」「可愛い過ぎる」「沼にハマりました」「最高でした」「最高のイベントでした」「なんでこんなにかわいいの」などと歓喜と絶賛の声が集まっている。