自民党の小泉進次郎元環境相が会長を務める超党派のライドシェア勉強会は4日、国会内で第2回会合を開き、ライドシェア導入に慎重な立場のタクシー業界などの関係者からヒアリングを行った。

出席者からは、タクシー制度の規制緩和を求める声や、タクシーとライドシェアでは安心・安全に対する最終責任の負い方が異なることなどの点について意見が出た。また「インバウンドの増加や人流の回復で(タクシーが)需要に応えられない時間や地域があることは承知しているが、解決策がライドシェアが最善策とは到底思えない。タクシーが足りないのではなく、乗務員が足りない。ライドシェアを検討するより、まずは乗務員を増加する施策をお願いしたい」などの意見も出た。

会合後、進次郎氏は取材に「タクシー対ライドシェアではなく、必ず溝は埋められると確信した」と述べ、雇用形態のあり方などについて今後さらに検討を進めていく考えを示した。また今回の会で出た意見を踏まえて「会期内に勉強会として、ひとつまとめて発出する必要がある」と述べ、今月13日の臨時国会会期末までに提言のようなものをまとめる考えも明かした。