☆ピンハイ(日曜東京11R・オークス4着)

400キロ前後の小柄な牝馬だが、いい根性をしている。スタートはそれほど良くなかったが、向正面ではスターズオンアースの後ろで流れに乗った。直線は馬群を割って伸びるも、残り150メートル地点でプレサージュリフトに前へ入られ、外へ切り替えるロスが痛かった。あそこがスムーズなら3着ナミュールとは際どい勝負になっていただろう。能力は非凡。ひと夏越しての成長力が鍵になるが、このまま順調にいけば秋も重賞で活躍できる。


☆ビリーバー(日曜新潟11R・韋駄天S4着)

いつものように後方から狭いスペースを縫って追い込んできた。直線競馬は各馬が外ラチ沿いに集中するため、どうしても追い込み馬は不利になる。ゴール前で窮屈なシーンがなければ0秒2差は逆転できたかもしれない。それほどゴール前の脚は際立っていた。7歳になったが「夏に強い牝馬」の典型で、これからもっと調子は上がってくる。展開に左右されるのは仕方ないが、ベストの直線1000メートルならチャンスはある。


☆シンシアウィッシュ(土曜東京9R・カーネーションC5着)

前走のフローラSは折り合いを欠いたため、今回は後方で脚をためる競馬。それでも向正面では何度か頭を上げて、行きたがる素振りを見せていた。道中で余計な力を使った分、追いだしてからもジリジリとしか伸びず。能力の高さは感じるが、もう少し競馬を覚える必要がある。また、デビュー当時440キロあった馬体重も428キロまで減少。少し寂しく見えた。馬体の回復と精神面の成長が秋までの課題。本格化すればオープンでもやれる。