熱投野球論

大山の二盗失敗で断ち切られた阪神の流れ/西本聖

<セCSファイナルステージ:巨人4-1阪神>◇第4戦◇13日◇東京ドーム

セ・リーグを制した巨人が3位の阪神を4勝1敗で退け6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。野球評論家の西本聖氏に第4戦のポイントなどを聞いた。

4回表阪神無死一塁、打者梅野の時に走るもアウトとなる大山、二塁手は田中俊(撮影・清水貴仁)
4回表阪神無死一塁、打者梅野の時に走るもアウトとなる大山、二塁手は田中俊(撮影・清水貴仁)

-巨人が優勝チームらしい強さを見せて阪神を振り切った

西本氏 6回無死一、二塁で救援した大竹、その裏決勝点となる意表を突くセーフティーバントを決めた丸。1点を与えない、1点を取るんだという強い気持ち、ゲームの流れを読む能力が発揮された。

-阪神は先制するなど第3戦に競り勝った勢いを感じた

西本氏 2回に第3戦で決勝本塁打を放った大山の二塁打から犠牲フライで先制した。流れは阪神にあたっと思う。ところが4回、先頭の大山がヒットで出て無死一塁。ここで単独スチールを仕掛けて失敗した。大山の足を考えればあの場面で単独スチールはない。ベンチが自ら流れを断ち切ってしまったのかなと。非常に残念に思えた。最後は力の差が出たのかな。さすが巨人はペナントを制したチームだなと感じられた。

-日本シリーズは巨人とソフトバンクの対戦となった

西本氏 打線は互角。ポイントは両チームのピッチャーだと思う。いかに流れを持って来られるか、いかに相手の流れを断ち切れるか。投手の力が日本一を決めるポイントになると同時に非常に楽しみな対決となりそうだ。

日本シリーズ進出を決め、ナインに胴上げされる巨人原監督(撮影・加藤諒)
日本シリーズ進出を決め、ナインに胴上げされる巨人原監督(撮影・加藤諒)

 ◆西本聖(にしもと・たかし)1956年(昭31)6月27日生まれ、愛媛県出身。松山商から74年ドラフト外で巨人入り。2年目に1軍入りを果たすと77年に8勝を挙げ、80年からは6年連続で2桁勝利をマークするなど巨人の主力投手として活躍した。81年に沢村賞。中日に移籍した89年には20勝を挙げ最多勝。その後オリックスでもプレー。最後は94年、巨人で現役引退した。通算504試合に登板し165勝128敗17セーブ、防御率3・20。引退後は阪神、ロッテ、オリックス、韓国ハンファで投手コーチを務めた。16年から日刊スポーツ評論家に復帰。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新