虎だ虎だ虎になれ!

高山は即結果“代理主将”北條もそろそろ暴れないと

<DeNA6-4阪神>◇10日◇横浜

ソト、ロペスの主軸不在で中継ぎの武藤祐太が先発したゲームに敗戦。痛い、悔しい、情けないといろいろな感情が渦巻く。そんな中、よかったと思わせる数少ないポイントは高山俊が1軍復帰即スタメン出場で2安打と、まずは結果を出したことだろう。

DeNA対阪神 7回表阪神無死、高山は左翼へ二塁打を放つ。投手山崎(撮影・山崎安昭)
DeNA対阪神 7回表阪神無死、高山は左翼へ二塁打を放つ。投手山崎(撮影・山崎安昭)

1軍に送り出した側の2軍監督・平田勝男もそこは喜んでいると思う。その平田が面白いことを言っていた…と虎番記者から聞いたのは今月1日だった。

先月22日に糸原健斗が広島戦で右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折。リハビリを終え、2軍本隊に合流したときのこと。平田が糸原にまず言ったのは「高山や坂本(誠志郎)にハッパをかけろ!」だった。

糸原は社会人から入団しているが大学は明大だ。言うまでもなく平田も明大出身。後輩2人に気合を入れろと強調した。それは分かる。普通だ。しかし、その後でこう言ったそうだ。

「代理キャプテン何やってるんだ。何してんねん」。糸原に代わって代理キャプテンに指名されていた北條史也についてゲキを飛ばしたというのだ。

糸原の立場からすれば「代理の北條は何をしてる」と言われても困ると思うのだが、その辺りが平田の面白さだ。そして、その気持ちも分かる気がする。

北條は高山同様、出てこなければならない選手だろう。自身が目指す“クセ者”として器用さを持つし、ツボにはまれば1発もある。守備を含めてまだ成長は必要だが貴重な戦力に変わりはない。

スタメン出場するなら遊撃手だろう。その場合は木浪聖也が二塁に回るが最近では植田海がその位置を奪っている。俊足でしっかり守れる植田もいい選手だ。しかし、やはり長打のこわさはあまり感じさせない。

2点を追う7回、無死二塁で植田に打席が回ったときベンチのサインは犠打だった。これが奏功し、中谷将大の三ゴロで1点差に迫った。最低でも1点差にし、8、9回にひっくり返そうという作戦だったのかもしれないが、正直、消極的にも見えた。代打で攻めて上位打線に回していく場面だったように思える。

むろん首脳陣も北條の状態などを考慮し、現状の起用になっているのだろう。それでも思ってしまう。「代理キャプテン北條、何やってるんだ!」と。変則的だが夏の甲子園に球児も戻ってきた。元「甲子園のスター」も暴れてみせよ。(敬称略)【高原寿夫】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「虎だ虎だ虎になれ!」)

阪神北條史也(2020年7月25日撮影)
阪神北條史也(2020年7月25日撮影)

記者生活30年超の高原寿夫・編集委員が、今シーズンの矢野タイガースに鋭く迫ります。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング