プロ注目の国学院大・清水が開幕戦で1失点完投勝利

  • FacebookMessenger
  • TL

<東都大学野球:国学院大3-1立正大>◇第2週第1日◇11日◇神宮

国学院大のドラフト候補清水昇投手(4年=帝京)は、1失点で完投勝利を挙げた。

打たせて取る投球で、5回までノーヒットノーランに抑えていたが6回に初安打を許した。序盤も四球で走者は出していたため、本人は意識しておらず「5回にスコアを見て、『あ、ノーヒットなのか』とちょっと思った。いい感覚で投げることができていた」と振り返った。9回には、大学日本代表でチームメートだった立正大4番伊藤裕に本塁打を許し、完封を逃した。

開幕戦を勝利で飾り、最後のシーズンについて「後輩にいい結果を残して、来季へ送り出してあげたい」と意気込んでいた。鳥山泰孝監督は「清水が、しっかりエースの役割を果たしてくれた」とたたえた。

このニュースの写真

  • 国学院大対立正大 9回裏立正大1死、伊藤裕に左越えソロ本塁打を浴びる清水(撮影・鈴木みどり)
  • FacebookMessenger
  • TL