吉田輝星「どれだけ通用するか」初登板へ率直な思い

デビュー戦へ準備万端整えた。日本ハム吉田輝星投手が11日、プロ初先発となる12日の広島戦(札幌ドーム)を前にキャッチボールなどで最終調整を行った。

登板経験のない本拠地マウンドの感触を確かめる場面もあった。「意外と投げやすかった。しっかり準備してきたのですごい楽しみです。いつも通り自分の持ち味を出して直球でいきたい」と意気込んだ。

初登板を目前にしても表情は落ち着いていた。セ・リーグ3連覇中の広島打線に「初めて対戦するチームで自分がどれだけ通用するのか、試合の雰囲気とかもファームとは違うと思うのですごい楽しみ」と素直な思いを口にした。「自分の投球で試合を楽しんでもらえるように投球したいと思う。体力が尽きてもいいのでそれまで全力でいきたい」。怪物右腕の伝説が北の大地で幕を開ける。

その他の写真

  • 日本ハム対広島 キャッチボールをする日本ハム吉田輝(撮影・佐藤翔太)
  • 日本ハム対広島 練習前にアップする吉田輝(撮影・黒川智章)