中日吉見「しっくりきてる」改造中フォームに手応え

中日吉見一起投手が、プロ15年目の来季に向けて改造中の新フォームに一定の手応えを得ていると明かした。

秋季練習で2日連続ブルペン入りし、下半身の使い方を変更。主流の硬いマウンドにより対応するためで「今までのフォームを捨てきれない自分がいたが、何かを変えないと。これが答えか分からないけど、しっくりきています」。今年は5試合で1勝1敗と屈辱のシーズンだった。

その他の写真

  • 笑顔でノックを受ける吉見(撮影・前岡正明)
  • ノックで軽快な動きを見せる吉見(撮影・前岡正明)