ソフトバンク守護神共演「森がわざと横に」サファテ

  • サファテ(左)が見つめる前で投げ込む森(撮影・菊川光一)

ソフトバンク前守護神のサファテが、ブルペンで新守護神の森と並んで投げた。約30球を投じた助っ人は「森がわざと横に来たと思う。痛みがなく投げられることがうれしい。野球ができることが楽しい」と股関節の不安がなくなったことを喜んだ。

自身の投球後には、守護神の座を争うライバル森の後ろに立ち、助言も。「たいしたことではないが、自分の目に映ったものはアドバイスしていきたい」と優しい目で話した。