西武山川「家トレ」で書道、「永遠」書いて精神統一

  • アップ中、笑顔を見せる西武山川(撮影・鈴木正人) 

西武山川穂高内野手(28)が「家トレ」で苦境を乗り越える。30日、チームは3日間の自宅待機を終え、4日ぶりに埼玉・所沢のメットライフドームで全体練習を行った。主砲はフリー打撃で柵越えを連発した。おかわりでロングティーも行い、破壊力を維持。「家でもトレーニングはやっていた。やり方次第で何でもできる」と自宅でのマル秘トレの一端を明かした。

バットを握り打撃感覚を養い、筆を持ち心を整えていた。中学3年生まで習っていたという書道。「不思議なもんで、あんなに嫌いだった書道もやっている。うまく書けるとうれしいんですよね。『永遠』という字には、書道のすべての要素がつまっているんで、皆さんもよかったら書いてみてください」。新型コロナウイルス感染拡大の影響でできた時間で、半紙に向き合い、無心で書き続けたという。

本業のバットでは、好敵手を想定する。自宅バルコニーで「シャトル打ちをしていました」。春季キャンプ前の自主トレの際に購入したバドミントンの4色のシャトルで投げティー。色別で走者の設定を変えながら「風が吹くとすごい変化をするので(楽天)則本(昂)さんのスライダーとか(ソフトバンク)千賀のフォークのように変化する」と家トレでイメトレした。

制限された中で「発想次第で何でもできると思う。リラックスと練習をうまくできている。『何かできるんじゃないか』と思うことが大事」。球界にも牙をむこうとしているコロナウイルス。発想と行動で、立ち向かう。【栗田成芳】