日本ハム鶴岡「ストレス解消」息子と“自宅トレ”

  • 札幌市内にある合宿所でオンライン取材を受ける日本ハム鶴岡兼任バッテリーコーチ(撮影・木下大輔)

日本ハム鶴岡慎也捕手兼バッテリーコーチ(38)が、息子と“自宅トレ”に励んでいる。札幌市内で自主トレ中だが、自宅では5月に12歳を迎える長男をはじめ、子どもたちと過ごす時間を大切にしている。「今は僕より子どもたちがストレスたまっていると思う。出来るだけ、時間の許す限り一緒に遊んでいます。それが僕にとってもストレス解消になる」と、オンライン取材を通じて明かした。

兼任コーチ2年目の開幕を、待ちわびている。チケットの収益の一部で親子にキャッチャーミットを寄贈する、SC活動「鶴の恩返し」は、今季も実施を発表している。「ファンのみなさんも、僕たち選手も不安を抱えながら過ごしていますが、何とかこのプロ野球が開幕することを願っています。また会えることを楽しみにしております」と呼び掛けた。

プロ18年目、今月11日に39歳となる。「プロ野球選手は期限が決められていて、いつ開幕して、いつ終わるかが分かっているから、そこに合わせて体を調整していく。ちょっと、どういうモチベーションでやっていいのか分からない」と、経験豊富なベテランでも戸惑いはある。だが「やっぱりプロ野球選手なので、1年1年勝負しないといけない」。先が見えないからこそ、覚悟は増している。