阪神糸井4戦連続安打&打点「いい対応」恐怖の1番

  • 練習試合阪神対ソフトバンク 2回裏阪神1死三塁、右前へ勝ち越し適時打を放つ糸井(撮影・清水貴仁)
  • 阪神対ソフトバンク 1回裏阪神無死、糸井は左前打を放つ(撮影・加藤哉)

<練習試合:阪神6-2ソフトバンク>◇6日◇甲子園

阪神糸井嘉男外野手(38)が4試合連続となる打点を挙げた。1番右翼で出場し、1回に左翼線二塁打をマーク。2-2と同点に追いついた2回には1死三塁から右前適時打を放った。

糸井は「自分のスイングをすることだけに集中しました。いい対応ができていると思います」とコメント。これで練習試合再開後は4試合で安打&打点をマーク。前日5日には左翼ポール直撃の“今季1号”を放つなど絶好調。恐怖の1番打者だ。