阪神望月が今季初失点 連続無失点は9試合で止まる

  • DeNA対阪神 2番手の阪神望月(撮影・大野祥一)
  • DeNA対阪神 5回裏DeNA1死満塁、望月は大和に押し出し四球を与える(撮影・山崎安昭)
  • DeNA対阪神 5回裏、2番手で登板するも2失点し悔しそうに汗をぬぐいながらベンチへ戻る望月(撮影・前田充)

<DeNA6-4阪神>◇10日◇横浜

阪神の5年目右腕望月惇志投手の連続無失点が9試合目でストップした。

2点ビハインドの5回から2番手で登板。1死無走者から4番佐野に153キロ直球をバックスクリーン左に運ばれ、今季初失点。続けて連打と四球で満塁のピンチを作り、押し出し四球でこの回2点を失った。7月1日中日戦(ナゴヤドーム)から救援で好投を続けていたが、地元神奈川のマウンドで悔しい登板となった。