阪神矢野監督、藤浪に「自分目線だけで…」一問一答

  • 阪神対広島 選手交代を告げベンチに引き揚げる矢野監督(撮影・上田博志)

<阪神0-6広島>◇14日◇京セラドーム大阪

阪神が広島先発森下の前に今季最少の2安打完封負け。プロ初完封を献上し、新人右腕に対してこれで3戦3敗と歯が立たない。

矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

-カード初戦を取って波に乗りたかったが、立ち上がりの3点は痛い

立ち上がりはみんな難しいけれど、1点で粘ってくれたらね。やっぱり3点はちょっと重い。

-自分のリズムに乗る前に失点が重なった

そりゃ、みんな立ち上がりは難しいし。

-打線も援護できなかった

言い訳にはならんけどね、あの点の取られ方だと追いかける方もしんどいし。(森下が)この前より状態は良かったとは思うし、それでも打線は何とかしていかないといかん。これからも当たるんで、そこは何とかしていきます。

それでも打線は何とかしていかなあかんしね。これからも当たるんでね。そこは何とかしていきます。

-森下は緩い球もある

全部の球種で三振を狙える投手なんでね。

-藤浪が森下に打たれたが、打球が飛んだ場所も

そんなん、理由にならんでしょ。あそこに飛ぶってことはボールが甘いってことでしょ。外にしっかり投げたり、低めに投げたらあんなところに飛ばない。

-藤浪はなかなか制球が定まらず

四隅をつくようなピッチャーじゃないからね。力であったり、球の切れで抑えていく投手だと思うけど。相手側から自分がどう見られているかを見ていかないと、どうしてもピッチャーって自分中心になるんでね。そういう部分は…打線が晋太郎の時はずっと点が取れていないっていうのもあるんだけど。でも晋太郎自身がやることは勝てるピッチングというところでいうと、そういう自分から目線の投球だけでなくて、相手にどう思われているかっていうのが必要だと俺は思うけどね。

-次回は勝利を呼び込む投球を

そりゃ勝たせてもらう試合もあるとは思うけど、それを晋太郎自身が待っているわけではないやろうし。自分で勝たすところは必要になってくると思う。打線も援護できていないというのは打者の責任もあるんですけど、絡んでこないとなかなか勝ちにならないので。