栃ノ心が大関返り咲き三たび足踏み、行司差し違え

<大相撲夏場所>◇13日目◇24日◇両国国技館

関脇栃ノ心(31=春日野)が平幕の朝乃山に敗れ、大関陥落翌場所での大関返り咲きがお預けとなった。朝乃山に土俵際まで押し込まれ、逆転の突き落としが決まったかに見えたが、物言いがついた。

6分余りに及ぶ協議の結果、右足かかとが先についたとして、軍配差し違えとなった。

栃ノ心は10勝を挙げれば大関復帰が決まるが、王手をかけてからこれで3連敗。14日目は横綱鶴竜と対戦する。

その他の写真

  • 行司軍配は栃ノ心に上がったが物言いが付き、審判団が協議した結果、栃ノ心の足が出ているとの判定が下り、行司軍配差し違えで朝乃山が寄り切りで栃ノ心を破った(撮影・小沢裕)