谷村奈南、最愛の祖母の訃報に「ずっと見守ってて」

歌手の谷村奈南(31)が、最愛の祖母が亡くなったことを報告し、哀悼した。

谷村は24日、「おばあちゃん安らかに」のタイトルでブログを更新し、「祖母が天国へ旅立ちました」と報告。昨年11月からの米国留学中に倒れたが、「とにかく毎日お祈りをしていて そのとき危ない状況だったので、もうダメかもしれないと思っていたんですが おばあちゃんは待っていてくれました」という。見舞いのため一時帰国した際に祖母と最後に撮った写真をアップし、「見た目はいつものおばあちゃんじゃ全然なかったけど、わたしのことを認識して、涙を流して喜んでくれました」と振り返った。

父方の祖母で北海道札幌市に住む祖母を幼い頃から“札幌ばあちゃん”と呼んでいたという谷村。「次いつ北海道行けるかなって考えていたところ、今朝連絡が入りました」と訃報を受け、「札幌ばあちゃんありがとう。これからは痛みも苦しみもない世界だから、たくさん癒されてね。おばあちゃん2人とも天国に行っちゃった。でも、こっちの世界で亡くなるということは、あっちの世界の誕生っていうから! 泣いてばっかいたらおばあちゃんが悲しむ ずっと奈南を見守っててね札幌ばあちゃん」とつづった。