「麻薬陽性」JYJユチョン、事務所が契約解除

韓国の男性アイドルグループ「JYJ」のパク・ユチョン(32)の所属事務所が24日、ユチョンの体毛から麻薬の陽性反応が出たことを受け、契約解除を決めたと発表した。芸能界を引退する見通しだとしている。

韓国警察はこれまでに、元恋人と一緒に麻薬を使った容疑でユチョンの逮捕状を請求するための手続きに着手。近く裁判所で審査が行われる。韓国メディアによると、警察は大手乳製品メーカー創業者の孫ファン・ハナ容疑者を今月、麻薬使用の疑いで逮捕。「ユチョンと一緒に麻薬を使った」との供述を得た。ユチョンは10日に会見を行い「決して麻薬を使っていない」と主張していた。

その他の写真

  • JYJのユチョン(2014年11月17日撮影)