2700「復帰できる事を大変ありがたく思って」

闇営業問題での謹慎処分が解除された吉本興業の11人の芸人のうち5組7人が19日、東京・ルミネtheよしもとでステージ復帰し、同日、吉本興業のホームページ上の「ラフ&ピースニュースマガジン」に復帰コメントを寄せた。

復帰したのは2700の常道裕史(36)と八十島宏行(35)、くまだまさし(46)、スリムクラブの真栄田賢(43)と内間政成(43)、ムーディ勝山(39)、ストロベビー・ディエゴ(41)。

2700の八十島は「この度は詐欺被害にあわれた方、ご親族の方、関係者の方々、ファンの皆様、本当に申し訳ございませんでした。無期限謹慎という処遇でしたが、復帰できる事を大変ありがたく思っています。今回の件で師匠から先輩後輩の芸人まで、自分達の事を戻そうと動いてくださって、テレビの前ですごく熱い思いになりました。復帰させたのに何やってんねん! と言われないよう、いつか自分が何かの形で返せるように、これから自分の出来る事をしっかりとやって行こうと思います。この度は申し訳ありませんでした」と謝罪した。

ツネこと常道は「今回復帰するにあたり、被害者の方々や、被害者のご親族方々、そしてファンの皆様に謝罪したいと思います。大変申し訳ございませんでした。企業様、テレビ、舞台関係者様、芸人の先輩・後輩など、沢山の方にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。心を改め、本日より2700再スタートさせて頂きます。しっかり精進します」とコメントした。