鈴木亜美が第2子妊娠、ドラマ内ラジオで異例解禁

生田斗真(35)主演の日本テレビ系連続ドラマ「俺の話は長い」(土曜午後10時)の12日放送の第1話で、歌手鈴木亜美(37)が第2子を妊娠したという現実のニュースが番組内のラジオから流される、異色の演出が行われた。

第1話のラスト、生田が部屋で寝ころんでラジオを聞くシーンだった。女性パーソナリティーから「アミーゴこと歌手の鈴木亜美さんの情報です。来年3月に第2子を出産予定だそうです。ご懐妊おめでとうございます」というニュースが流された。これがいわゆる「ガチニュース」という仕掛け。鈴木本人はドラマには出演していない。

同局によると、今回の仕掛けは「ドラマをリアルタイムで見て楽しめるきっかけ作りをしたい」という制作サイドの意向から生まれた。同局は「ドラマ内で現実のニュースを解禁する取り組みは、今後も実施します」としており、不定期ではあるが、今後もリアルニュースを盛り込む方向性を示唆している。

同作の櫨山裕子プロデューサーは、今作のコンセプトの1つに「ホームドラマの復権」を掲げ「土曜の夜には家族で見られる、笑って泣けるドラマがあった。あれを令和の時代にできないだろうか」と提起している。ガチニュースを流すことで、録画ではなく、お茶の間でのリアルタイム視聴を促す意向のようだ。

同作は生田が4年ぶりに連ドラ主演し、31歳独身で職なし、実家暮らし、屁理屈だけが得意なダメ男、岸辺満を演じるホームコメディー。ほかに安田顕、小池栄子、清原果耶、原田美枝子らが出演する。

同作は他にも「サザエさん方式」と呼ばれる、1話で30分ストーリーの2本立てや、番組タイトルにちなみ「世界一長い」28時間の宣伝番組を配信しギネス申請するなど、異色の構成やPR展開をしている。