沢尻容疑者は完落ち間近、当局は「沢尻ルート」調査

合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された女優沢尻エリカ(33)が、長年の違法薬物使用を供述していることが17日、分かった。

容疑を認めており“完落ち”間近とみられる。また最近、クラブなどで仲間らとハイになっている様子も目撃。薬物の常習やヘビーユーザー疑惑が高まるとともに、捜査当局は入手先を含めた「沢尻ルート」に関心を持っているという。

   ◇   ◇   ◇

関係者によると沢尻容疑者は、MDMAを以前から使っていたなどと供述。また違法薬物も「長年にわたり使っていた」という趣旨の供述をしているという。

今回の逮捕の発端は、MDMA以外の違法薬物について、沢尻容疑者が「所持している」との情報が約1カ月前、警視庁にもたらされたことという。その後、組対5課による内偵が続けられていた。

沢尻容疑者は15日夜、東京・渋谷のクラブに行った。同課は16日朝、東京都目黒区の自宅に帰宅したとほぼ同時に家宅捜索し、隠すようにアクセサリーケースの中に置かれていた、小さなポリ袋入りカプセルを2錠、発見した。鑑定でMDMAと判明した。

沢尻容疑者をめぐっては12年、一部で大麻使用疑惑を報じられたことがあった。今回、逮捕容疑を認めており、かつ長年の薬物使用歴まで供述したことで、「完落ち」(全面的な自供)に近いともみられる。違法ドラッグのヘビーユーザーの可能性も浮上。同課では継続的かつ常習的に、複数の薬物を使用していた疑いがあるとみて、詳しく調べる。

また、沢尻容疑者は最近、都内のクラブなどで芸能関係者を含む仲間らと、ハイテンションで騒ぐ様子が目撃されていることも分かった。事情を知る関係者は「有名女優なのに周囲を気にしないのか、都内のクラブで大声で男女の仲間らと騒ぐなどしていた。芸能関係者が一緒にいたこともあった」などと証言した。

MDMAは危険な副作用がある。一方、高揚感、一体感、多幸感などが高まる作用があるとされ「単独で使うよりも他人と一緒に使って盛り上がる“パーティードラッグ”、あるいは“セックスドラッグ”の側面があるのが現実」(薬物に詳しい捜査関係者)。そのため、同課など捜査当局は入手先や、一緒に使っていた仲間がいたかなど周辺人脈を含めた「沢尻ルート」の解明にも強い関心を持っているという。

同課は17日朝、沢尻容疑者を麻薬取締法違反容疑で送検。多数の報道陣が集まる中、車は留置された東京湾岸署を午前8時8分に出発。ただ、後部座席に座ったとみられる本人の姿や表情は、カーテンでおおわれ見えなかった。

その他の写真

  • 沢尻エリカ容疑者(2018年6月5日撮影)