声優岡本信彦が1カ月休養を発表 6月に声帯手術へ

声優岡本信彦(33)が29日、ブログを更新し、6月に声帯を手術すると発表した。岡本は「以前から喉に違和感があり、検査をしたところ、声帯が瘢痕(はんこん)化してきていると診断を受けました。

一度しっかり治療する必要があることから、主治医、事務所と話し合い、6月を目処に手術できるよう調整してきました」と明らかにした。1カ月間、療養に専念するという。瘢痕化とは、創傷や潰瘍などで欠損した組織が完治せずに残ってしまった状態で、痛みなどが生じるという。

岡本は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた、政府の緊急事態宣言が全国で解除されたタイミングであることを踏まえ「本格的に仕事が再開するタイミングで活動をお休みするのは大変申し訳ないのですが、キャラクターを全力で表現するのはもちろんのこと、歌唱も頑張れるように約1ヶ月療養に専念させていただきます」と報告した。

その上で「術後は安静が必要な為、ブログは自分の体調と相談しつつ更新したいと思います。復帰の際には改めてブログと事務所HPにてお伝えします。コロナ禍の影響で直前まで手術の予定が立たず、このタイミングでのご報告になってしまい申し訳ありません」とつづった。

岡本は3月に、声優大亀あすか(32)と結婚していながら、1月に別の女性声優と都内のホテルに入っていったと一部で報じられた。岡本は大亀との結婚を明らかにしておらず、3月21日にブログで「大亀あすかさんと婚姻していること含め、事実です。公表を控えていたこと、妻帯者であるにも関わらず、自覚なき行動をしてしまい、大変申し訳ございませんでした」と謝罪していた。