フジ「事実出てない」木村花さんにビンタ指示報道

フジテレビ遠藤龍之介社長が3日、都内で3カ月ぶりに定例会見を行った。恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー木村花さん(22)がネット上で誹謗中傷を多数受けた後に死去した問題について、「あらためて、木村花さんのご逝去に哀悼の意を表したい」とした。

大多亮常務は、5月末から行っている検証について、「作業中」としながらも、「制作過程での問題はなかったか」「出演者の意志に反して行動、言動を強要することはなかったか」「心のケア」の3つのポイントを中心に検証しているとした。木村さんが男性出演者の帽子をはたくなどし、SNS炎上のきっかけになったとされる“コスチューム事件”について「一部報道にあるような、スタッフが『ビンタをしろ』と指示したという事実は出てきておりません」と話した。

花さんの母がインタビューに応じた7月2日発売「週刊文春」で、花さんが所属事務所を通じてフジテレビ、制作会社との間で交わした誓約書の中で、演出に従うよう指示があったと報じている点について、大多氏は「入居時に出演者と誓約書があるのは事実」としながらも「使いたい店が撮影許可のない店だった時はスタッフが別の場所を提案するなどのことで、言動を無理強いすることはない」と説明した。