舞台全観客800人濃厚接触、同種公演の中止も検討

  • 有村昆氏(2018年4月18日撮影)

新型コロナウイルスのクラスターが発生した舞台「THE★JINRO」で、全観客約800人と出演者ら約50人の計約850人が濃厚接触者に指定され、陽性の観客数も12日発表の9人から16人に増えたことが13日、分かった。

同舞台は6月30日から7月5日まで新宿シアターモリエールで上演された。12日時点で、主演山本裕典、観劇した映画コメンテーター有村昆さんら、出演者16人、スタッフ5人、観客9人の計30人の感染を発表。この日夕方には、保健所から主催者に対し、公演中に観劇した約800人の全観客を濃厚接触者に指定したとの連絡が入った。さらにこの日夜までに、観客の陽性者は16人と確認。出演していた石原純の感染も新たに発表された。

また、公演中の4日に出演者の1人が体調不良のために抗体検査を受けたことも判明。4日に本人の申告を受け、同日に抗体検査を行ったところ「陰性」で、検温も「37・5度以上」とするガイドラインの範囲内だったために出演を続行。翌5日に別の出演者1人からも平熱より高いと申告があったが、本人から持病に起因する可能性が高いとの医師の診断報告があったため出演を続けたという。

関係者などによると、舞台上は密状態で、換気は公演中に行わず、出待ちで出演者と観客との間で握手などの交流もあったという。東京都は主催者と劇場の感染予防対策を調査した上で同種公演の中止や休業要請も検討する。検査結果次第では、今後の大規模イベントの開催に影響を与える可能性もある。政府もこの事態を重く見て調査に入っており、主催者の責任が問われそうだ。

◆新宿シアターモリエールでは、多数のコロナ感染者が出たことを受けてこの日、20日に開催予定だったイベント「Maseki Geinin Collection 2020夏」の中止を発表した。