松井玲奈が感激「おジャ魔女」馬越氏色紙に喜び絶頂

  • アニメ映画「魔女見習いをさがして」大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した、左から百田夏菜子、森川葵、松井玲奈(撮影・村上幸将)

松井玲奈(29)が25日、東京・新宿バルト9で行われたアニメ映画「魔女見習いをさがして」(佐藤順一、鎌谷悠監督)大ヒット御礼舞台あいさつで、キャラクターデザインを担当した総作画監督の馬越嘉彦氏からサプライズで描き下ろしの色紙が届き、涙ぐんで感激した。

同作は、1999年(平11)からテレビ朝日系で4年、放送されたアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作品として、完全新作映画として製作された。子供の頃から作品のファンの松井は「馬越さんの絵がすごく好きで、映画を見た時も自分の声で馬越さんのキャラが動くのは夢だと思っていた」と体を震わせて喜んだ。その上で、喜びを語るのが気持ちがいっぱい、いっぱいで難しかったのか「思いは全部、SNSに書きます」と言い切った。

松井は映画の反響について聞かれると、作品をモチーフに東京、大阪、名古屋で営業中の「おジャ魔女どれみカフェ」を友人と訪ね、ファンから気付かれたと明かした。「先日、プライベートで『どれみカフェ』に行ってきました。おジャ魔女好きの友だちとコソコソ、コソコソ食べていた。ファンの方に気付いていただき『(映画)見ました』と(作品も)すごく楽しんでいただき、うれしい思いです」と満面の笑みを浮かべた。

松井は劇中で、東京で職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・吉月ミレを演じた。ミレは森川葵(25)演じる教員志望の名古屋の大学生・長瀬ソラ、ももいろクローバーZ百田夏菜子(26)演じる広島県尾道市のフリーター川谷レイカと「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅をする。松井は「子供の頃、魔法を信じていた方に見ていただきたい。解決するというより、ヒントをくれる魔法だったりする。きっかけ…全て魔法で解決するんじゃなく、頑張ることを教えてくれた作品。大人になったら魔法、ないんだなと思うかも知れないけど、すてきな魔法が描かれている。悩んでいると背中を押してくれる作品になっていると思う」などと熱く語った。

森川から「松井さん、熱いっす」と言われると、松井は「おたくスイッチが入ってしまう」と笑った。