GK権田好セーブ連発「ゼロで抑えられて良かった」

<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:日本3-0タジキスタン>◇F組◇15日◇タジキスタン

GK権田修一好セーブでチームを“アウェーの洗礼”から救った。

前半24分、自陣でFW鎌田がボールを奪われ、速攻を浴びてMFパンシャンベと1対1に。絶妙なタイミングで前に出て左手でシュートを止めた。その後もゴール前へのクロスなど攻め込まれた場面にも冷静に対応。最後方から安定感をもたらし「1回はピンチがあると思っていた。ゼロで抑えられたのは良かった」と胸を張った。

その他の写真

  • 日本―タジキスタン 後半、セーブするGK権田(共同)