不協和音の神戸新主将にイニエスタ 経験で再建図る

ヴィッセル神戸は23日、公式ツイッターでMFアンドレス・イニエスタ(34)の新主将就任を発表した。フアン・マヌエル・リージョ前監督(53)の辞任が発表された17日にルーカス・ポドルスキ(33)が主将“辞任”を表明していた。MF山口蛍(28)とDF西大伍(31)の日本代表コンビが、副主将としてイニエスタを支える。

突然の監督交代に揺れ、3連敗の窮地に陥ったチームの立て直しはイニエスタに託された。これまでもゲーム主将は務めたが、正式に主将として再建に取り組む。ポドルスキは「不安定なチーム状況から脱却しなければいけなかった」と辞任理由を説明。そのバトンはイニエスタに渡った。

下半身の違和感で前節浦和戦を今季初めて欠場したが、FWビジャとともに28日川崎F戦での復帰が濃厚。非公開練習だったこの日も、関係者によると通常メニューをこなし、吉田監督は「2人とも大きなケガではない」。イニエスタ新主将、「V・I・P」再結成で再出発を図る。