藤枝出岡リーグ戦初出場初先発へ 左足の精度が武器

J3藤枝MYFC・MF出岡大輝(24)が、リーグ戦今季初出場、初スタメンを確実にした。今日27日のAC長野パルセイロ戦に向けた26日の練習に主力組で参加し、約1時間半、調整した。

開幕からベンチ入りはなかったが、石崎信弘監督(61)から「練習で頑張っていた」と評価され、21日の天皇杯県予選ホンダFC戦で途中出場。ポスト直撃のシュートを放つなど、猛アピールした。自身でつかんだリーグ戦の出番に「地道にやってきて、やっとチャンスをもらえた。チームの勝利のために頑張りたい」と、熱く語った。

持ち味は、左足の精度。この日のセットプレーの練習ではキッカーを務め、石崎監督に「可能性のあるキックで精度が高い」と認められた。関西学院大4年時に関西学生リーグ得点王に輝くなど、得点力もある。「まだ藤枝では何も結果を出せていないので、(得点を決めるという)最後のところを突き詰めたい」。平成最後のリーグ戦で結果を残す。【和田憲明】

◆出岡大輝(でおか・だいき)1994年(平6)8月16日生まれ、大阪府出身。ガンバ大阪ユース、関西学院大を経て、17年に当時J2のザスパクサツ群馬に加入。昨年8月に藤枝へ期限付き移籍し、今年から完全移籍で加入。J通算20試合出場0得点。179センチ、72キロ。左利き。