1. J1
  2. 日本代表
  3. 海外サッカー
  4. J2ほか

ラモス監督退席も残り0・5秒劇的V弾/W杯詳細

<ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯):日本5-4パラグアイ>◇1次リーグA組◇21日◇アスンシオン

ラモス瑠偉監督率いる日本が開催国パラグアイを残り0・5秒の劇的弾で5-4で破り、白星発進した。

第3ピリオド序盤まで4-1と3点をリードしたが、連続失点して1点差に迫られ、相手ファウルに抗議したラモス監督が退席処分。その直後にFKを決められて同点に追いつかれた。しかし、残り0・5秒から左CKを赤熊卓弥(ドルソーレ北九州)が頭で押し込む劇的ゴールを決めて勝利を手にした。


日本は米国を8-6で破ったスイスと勝ち点3で並んだ。次戦は23日(日本時間24日午前5時50分)に米国と対戦する。


1次リーグA組の日本はスイス、米国、パラグアイと同組。各組2位までが8強で争う決勝トーナメントへ進出する。日本は05年の4位が過去最高。13年大会、15年大会と8強に進出したが、前回17年大会は1次リーグで敗退した。W杯となって9大会のうちブラジルが優勝5回。


◆試合終了



日 本50-0
3-1
2-3
4パラグアイ

▼得点者

12分48秒【日】奥山

15分39秒【日】茂怜羅

21分45秒【パ】カルバージョ

23分27秒【日】赤熊

26分54秒【日】茂怜羅

27分22秒【パ】モラン

31分21秒【パ】バレート

33分40秒【パ】カルバージョ

35分59秒【日】赤熊


◆第3ピリオド終了 日本5-4パラグアイ

日本のシュートは39本(枠内14本、枠外22本、ブロック3本)、パラグアイは59本(枠内13本、枠外28本、ブロック18本、枠直撃2本)


◆35分59秒 日本5-4パラグアイ

日本が残り0・5秒で勝ち越す! 左CKを赤熊がヘッドで押し込んだ


◆33分40秒 日本4-4パラグアイ

パラグアイが同点! カルバージョが好位置のFKを右足で突き刺す


◆31分39秒 日本4-3パラグアイ

【日本】 相手ファウルに抗議したラモス監督が退席処分


◆31分21秒 日本4-3パラグアイ

パラグアイが1点差に迫る! バレートが左足で押し込む


◆27分22秒 日本4-2パラグアイ

パラグアイが2点目! モランがFKを右足で直接決める


◆26分54秒 日本4-1パラグアイ

日本がスーパーゴールで4点目! 茂怜羅が自陣左コーナー付近からのFKを右足でゴール右上に突き刺した


◆第2ピリオド終了 日本3-1パラグアイ

日本のシュートは23本(枠内7本、枠外14本、ブロック2本)、パラグアイは34本(枠内6本、枠外18本、ブロック10本、枠直撃1本)


◆23分27秒 日本3-1パラグアイ

日本が3点目で突き放す! 茂怜羅が相手GKをかわす浮き球を上げ、赤熊がバックヘッドで流し込む


◆21分45秒 日本2-1パラグアイ

パラグアイが1点返す! カルバージョが右足オーバーヘッドを決める


◆12分48秒 日本2-0パラグアイ

日本が2点目! 茂怜羅が左サイドでアウトサイドターンから左足で決める


◆12分48秒 日本1-0パラグアイ

日本が先制! 奥山が右足オーバーヘッドで決める


◆第1ピリオド終了 日本0-0パラグアイ

日本のシュート13本(枠内2本)、パラグアイは11本(枠内1本、ポスト直撃1本)


◆日本のスタメン

GK 宜野座寛也

FP 赤熊卓弥、松尾那緒弥、大場崇晃、茂怜羅オズ


◆A組勝敗表


順位チーム延長勝PK勝勝点
(1)スイス1100086+23
(2)日 本110005413
(3)パラグアイ1000145-10
(4)米 国1000168-20

11・21 スイス8-6米 国

      パラグアイ4-5日 本

11・23 米 国-日 本

      パラグアイ-スイス

11・25 日 本-スイス

      米 国-パラグアイ


◆日本代表メンバー


▼GK

 1 照喜名辰吾(琉球エリスリナ)

12 宜野座寛也(ヴィアティン三重BS)

▼FP

 5 田畑輝樹(ヴィアティン三重BS)

 8 小牧正幸(ヴィアティン三重BS)

 3 飯野智之(東京レキオス三重BS)

 9 後藤崇介(東京レキオス三重BS)

10 茂怜羅オズ(東京ヴェルディ三重BS)

11 奥山正憲(レーヴェ横浜)

 4 松田康佑(レーヴェ横浜)

 6 松尾那緒弥(アヴェルダージ熊本BS)

 2 赤熊卓弥(ドルソーレ北九州)

 7 大場崇晃(レーヴェ横浜)

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新