2トップ生かすパス配球を スタートダッシュ決めろ

  • 22日の名古屋戦で先制ゴールを決める仙台DFシマオ・マテ

<見た!ベガルタ★思った!>

22日の名古屋グランパス戦は、全員がとにかくハードワークして、勝ち点を取りこぼさずに1ポイント獲得できたのは大きかった。FKのこぼれ球から、赤崎が質の高いクロスを上げて、シマオ(マテ)が決めた先制点は良かったと思う。ただし攻撃の形がなかなかできなかった。前線にボールが収まらず、効果的な攻撃を仕掛けられなかったところは物足りない。

全体的に縦への意識が強かった。DFのロングボールからFWに裏で勝負させるのはいいが、すべてが裏狙いだとFWはきつくなる。ゴールに向かう形ができればフィニッシャーはいる。サイドなど起点にリズムをつくりながらパスで攻撃を仕掛け、2トップの良さを生かしてあげられるようなパスの配球がほしかった。

新加入の柳は面白い。背後をやられたのは失点場面の1本ぐらいだったと思うし、いいディフェンスをするサイドバック。攻撃もできるし、スライディングが伸びて、届かないと思うボールも取ってしまうすごさがあった。

仙台は昨シーズン、開幕戦で引き分けた後に4連敗だった。けが人が多い中よくやっているが、ハードワークしてスタートダッシュに失敗しないようにしてほしい。

(仙台クラブコーディネーター平瀬智行)