神戸ドウグラス100戦50Gへ 最速はワシントン

  • 浦和FWワシントン(07年12月16日撮影)

ヴィッセル神戸FWドウグラス(32)が、史上91人目のJ1通算50ゴールにあと1点と迫っている。

99試合の出場で49得点。8日の仙台戦(ノエスタ)に出場し、ゴールを決めれば、「100試合&50得点」という2つの節目の記録を同時に達成することになる。

広島時代の15年に33試合21ゴールを決めてチームのリーグ優勝に大きく貢献。その後はUAE、トルコのクラブでプレーしたが、18年7月に清水に移籍すると15試合11得点と量産。昨季も30試合14ゴールを記録した。今季から神戸に移籍し、8試合で3ゴールをマークしている。

ここまでおよそ2戦1発のペースでゴールを決めているが、J1通算50得点を達成した過去90人のうち、出場100試合以下で到達は19人。

最速到達は07年の浦和FWワシントンで62試合目。次いで03年のG大阪FWマグロンの63試合目となっている。

ドウグラスがJ1通算100試合出場となれば史上720人目だが、「100試合&50得点」の同時達成は、もちろん初のケースとなる。

 

◆出場100試合以下でJ1通算50ゴール到達

到達時試合数 選手名(所属)到達年

62 ワシントン(浦和)07年

63 マグロン(G大阪)03年

65 崔龍洙(市原)03年

67 ディアス(横浜M)94年

68 スキラッチ(磐田)96年

68 エジウソン(柏)02年

70 エメルソン(浦和)04年

71 アルシンド(鹿島)94年

72 三浦知良(V川崎)95年

73 ウェズレイ(名古屋)03年

80 ジュニーニョ(川崎F)07年

83 呂比須ワグナー(名古屋)00年

89 マグノ・アウベス(G大阪)06年

94 マジーニョ(鹿島)99年

95 武田修宏(V川崎)95年

96 高原直泰(磐田)02年

97 エジミウソン(新潟)07年

98 バレー(甲府)15年

99 バロン(清水)02年