久保建英、移籍報道も2日連続トップチームで汗

日本代表MF久保建英(18)が所属するスペインのレアルマドリードは21日、施設内でサンティアゴ・ベルナベウでのホーム開幕戦(24日=日本時間25日未明)、バリャドリード戦に向け練習した。

公式サイトは「アセンシオ、ロドリゴ、メンディ、アザール、ブラヒムはリハビリを継続していたが、この中でメンディは全体練習の一部に参加した。ジダン監督はカスティージャのアルトゥーベと久保、フベニールAのGKルイスをメンバーに加えた」と伝えている。

スペイン国内ではマジョルカへの期限付き移籍の可能性が報じられた久保だが、けが人続出のトップチームで2日連続で汗を流した。