神野の付き添い係「無名」橋本崚、青学大初のMGC

<別府大分毎日マラソン>◇3日◇大分市高崎山うみたまご前〜別府市亀川漁港前折り返し〜大分市営陸上競技場(42・195キロ)

箱根では裏方だった橋本崚(25=GMO)が、青学大出身者で初めて「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を獲得した。日本勢2位、総合5位となる2時間9分29秒で、自己記録を50秒更新。3、4年時の箱根駅伝では神野大地(25=セルソース)の付き添い役だった男が、20年東京オリンピック(五輪)代表2枠を決める大一番の切符を手にした。日本人トップ4位の二岡康平(24=中電工)、6位の岩田勇治(31=MHPS)も含め、男子のMGC資格者は計24人となった。

その他の写真

  • 男子のMGC進出者
  • 16年2月、東京マラソンでゴールする青学大の橋本崚
前へ 1 2 次へ