川内優輝が私見「約2mを常に意識して走るべき」

陸上男子マラソンのプロランナー、川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う安倍首相の発言を受け、自身のツイッターで市民ランナーに向けた注意喚起を促した。

安倍首相が「散歩やジョギングは問題ない」と発言したことに対し、「記者会見では“ジョギングをしたりすることは、何ら問題ありません“とありましたが、具体的なsocial distanceについてのコメントはありませんでした。しかし、世界各国の対策を参考に、他の人を不安にさせないためにも“約2m”を常に意識して走るべきだと思います」と自らの見解を記した。

川内は世界のランニング環境を調べて一覧表にして公開している。

その上で「“競技力向上”よりも“健康(メンタル含む)維持”を重視して、social distanceを意識して走ってます。今では意識しなくとも人が見えると身体が自然に反応して、人との間隔を大きく空けて走れるようになりました。今は安全第一で走ることが大切です」と世間に向けて訴えた。

学習院大法学部卒の頭脳派で、公務員ランナー時代もさまざまな提言を繰り広げてきた「走る伝道師」。市民ランナーへの川内らしい呼びかけとなった。